車買取価格は需要の変化に起因する TOP > コンテンツ一覧 > 人気車種は時期と地域で変化するのが中古車市場

人気車種は時期と地域で変化するのが中古車市場

中古車というのは、車種の人気や、車を皆が欲しがる時期などにより需要は常に上下することになります。
たとえば、端的な例でいいますと、オープンのスポーツカーは新緑の5月ぐらいからの季節から需要が出始めて夏場の炎天下では需要が落こみ、秋にかけて回復して気温が下がるころには需要が減退します。
しかもこれには地域性があり、オープンモデルは積雪地帯では通年で需要は少なく、南西の冬でも温暖な地域では比較的需要の落ち込みがなく通年でも、それなりの取引が確保されるということになります。
この市場状況にあわせて、オークションの参加企業が出品される車を落札していくことになりますので、同じ年式の車でもこうした需要の変化にあわせて価格が変動するというわけです。
車検が近づいたので冬に向けてオープンのスポーツカーを売却したいと考えても、もっとも需要期から遠いタイミングではどうしても引き合いが少なくなるため価格は下がることになります。
安くオークションで購入した業者も買いつけをしてから店頭で売却されるまでに時間がかかることになりますから、金利負担などを考えて仕入れることになり、買取価格は上昇しないことになってしまいます。
このようにどのタイミングに市場の需要があるのかをあらかじめ考えておくことも車買取を成功させる大きな要因になるのです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 車買取価格は需要の変化に起因する All Rights Reserved.